イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 株式会社フォトロン

東京都

株式会社フォトロン

高速偏光イメージングによる従来にない新しい計測指標づくり!!

IoT・電子・AI

高速偏光計測による新規発見、2次元偏光検査システムによる検査力向上をアシスト!!

小間 NI-12
プレ n0831_1_1230
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
IoT・電子・AI
小間番号
NI-12
プレゼンテーション
n0831_1_1230
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース1
12:30 - 12:35

出展概要

製品・技術の名称
偏光高速度カメラシステムCRYSTA

 

展示の概要
弊社は世界発の「偏光」に感度をもつ高速度カメラ【CRYSTA】を開発、製品化しました。従来の カメラとは異なり、「偏光」という情報を取得することが可能です。

液晶ディスプレイやスマートフォンの主要材料であるガラスやフィルムの検査や、動的な破壊現象の可視化、応力 伝搬の評価、金属内部の樹脂流動評価に高速度偏光イメージングの利用が進んでいます。本展示会では偏光イメージングの最新アプリケーション事例を紹介します。

 

コアの技術・特許情報
偏光情報を取得するためには、通常カメラの前に置いた偏光子を回転させながら撮影する必要があります。しかし、動的に変化する偏光を撮影することが困難であるなど利用シーンが 限られていました。

偏光高速度カメラCRYSTAは高速度カメラのセンサ上に画素ごとに方位の異なるフォトニック 結晶型マイクロ偏光子アレイを実装することで、一度の露光で偏光観察に必要な情報を取 得することができます。

 

特徴・ポイント
◾️大学・研究所向け
加工特性の評価、成型条件の評価、配向状態の評価
■企業向け
フィルム、ガラスの複屈折分布、配向角分布の検査

 

想定される提供先・提供先へのメリット
◾️加工方法の研究、開発
①母材の応力伝搬や破壊挙動の可視化
②ガラスやSiCなどの割断、レーザカット時の残留応力、挙動の可視化
◾️光学材料の生産、開発
①フィルムロール全面の複屈折マッピングが可能(全面検査が可能)
②金型内部の樹脂流動解析
③延伸挙動の解析

 

主な実績
◾️大学・研究所
・共同研究(NEDOを含む)3件
・機材貸し出し協力 50件以上

◾️民間企業
・フィルム検査システム 40式以上
・樹脂流動解析 10式

 

 

偏光高速度カメラCRYSTAシリーズ

関連URL

お問い合わせ先

株式会社フォトロン

電話:03-3518-6271  

メールアドレス:polarizing-camera@photron.co.jp

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop