イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 神奈川工科大学 工学部、大学院工学研究科 電気電子情報工学科、電気電子工学専攻

神奈川工科大学 工学部、大学院工学研究科 電気電子情報工学科、電気電子工学専攻

板子 一隆 教授

太陽光発電パネルのホットスポット抑制にお困りでは?

低炭素・エネルギー
小間 E-14

Kanagawa Institute of Technology Professor Kazutaka Itako

Are you in trouble about Hot-Spot Phenomenon of a photovoltaic generation panel ?

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-14

展示概要

技術概要
近年、太陽光発電システムにおいて、火災を引き起こすなどのホットスポット現象の問題が報告されている。ホットスポット現象とは,欠陥セルに長時間影が生じると,セル温度が高温になる現象である。この現象により、セルの破壊さらには火災などを引き起こすことがある。
本技術は、太陽光発電システムを稼働させながら太陽電池ストリングのI-V特性からホットスポットの発生を検出し,直ちにその発生を抑制し,太陽電池ストリングから最大限の出力を得る動作点に移動してシステムの安全性と出力を確保する新しい制御システムを提供する。

想定される活用例
・パワーコンディショナ(PCS)に本技術を直接搭載する方式
・既設のシステムに本技術を搭載したユニットを後付けする方式
などが挙げられる。

 

展示のみどころ
 太陽光発電システムにおけるホットスポットの発生メカニズムや発生時の状態を紹介している。
 さらに本技術の原理をイラストにより専門外の方もの分かり易く示している。本技術の導入によりホットスポット現象が回避されている様子やそのときの実際の取得電力を見える化して紹介している。

お問い合わせ先

神奈川工科大学工学教育研究推進機構リエゾンオフィス

電話:046-291-3304   FAX:046-291-3221  

URL:https://www.kait.jp/inquiry/inquiry.php?q=7

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop