イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 熊本大学 大学院先端科学研究部 ロボット・制御・計測分野

熊本大学 大学院先端科学研究部 ロボット・制御・計測分野

中妻 啓 助教

オンデマンド製造可能な多機能フレキシブル圧電デバイス

装置・デバイス
小間 M-79

Kumamoto University Assistant Professor Kei Nakatsuma

Piezoelectric device with multi-functionality and flexibility

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-79

共同研究者

熊本大学 大学院先端科学研究部
准教授 小林 牧子

熊本大学 大学院先端科学研究部
助教 田邉 将之

展示概要

技術概要
圧電デバイスは圧力検知、振動検知、超音波送受振、振動発電など多様な用途・機能を持つ。本技術では圧電材料をスプレー塗布することで、薄くフレキシブルで高温耐性を有する圧電セラミック膜を形成する。スプレーという塗装と同様の工程を採用することで、様々な立体形状を有する工業製品表面に感圧センサや超音波トランスデューサを取り付けられる。またそのフレキシブル性を活かして生体信号を取得するウェアラブルセンサや工場内のあらゆる場所(高温配管等を含む)に貼り付けて使用するIoTセンサとしての利用も想定している。

想定される活用例
・【ロボット】全身型皮膚センサ
・【ウェアラブル】生体や衣服に貼付けて使用する生体信号・動作センサ
・【IoT】工場内のあらゆる場所に貼付・塗布して稼働状況・異常・欠陥等の超多点リアルタイムモニタリングの実現

 

展示のみどころ
提案する技術で作製したフレキシブル感圧・振動センサ、曲面上に塗布した力センサ等のサンプルを展示

お問い合わせ先

熊本大学 熊本創生推進機構 イノベーション推進部門

電話:096-342-3145   FAX:096-342-3239  

URL:https://www.kumamoto-u.ac.jp/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/innovation/contact/form/10

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop