イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 久留米大学 医学部 医化学講座

久留米大学 医学部 医化学講座

原田 二朗 講師

エネルギー分野・医療分野へ応用可能な新規バクテリオクロロフィル

ライフサイエンス
小間 L-60

KURUME UNIVERSITY Jiro Harada

New bacteriochlorophyll, which can be applied to the medical and the energy fields.

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-60

共同研究者

立命館大学 大学院生命科学研究科
教授 民秋均

展示概要

技術概要
本技術は形質転換法のない緑色硫黄細菌類において、突然変異を経由した新規な形質転換法の開発であり、微弱光でも光合成を行う緑色硫黄細菌を用いることに1つの特徴がある。従来のクロロフィル色素より可視光部を効率的に吸収可能な新規色素を合成する変異体が得られるため、クリーンなエネルギー獲得技術として応用が期待される。また、クロロフィルを医療分野での光増感剤として利用する場合、脂溶性で血中に溶けず、複雑な修飾が必要であった。しかし、本発明により水溶度の高いクロロフィルを簡便に生体から抽出することが可能となり、医療への利用がより現実的となった。

想定される活用例
・エネルギー分野(多様な色素を持つクロロソームを用いた人工アンテナ系デバイスの開発など)
・医療分野(癌治療における光増感剤や癌のマーカー利用としての開発など)
・新規色素材料の提供

 

展示のみどころ
自然界には存在しなかったBChl fを含めた種々のBChlを効率的に生産する変異株を複合して紹介することで、光エネルギーを利用する様々な分野へ有用な情報を提供する。

特許情報

特許情報1 発明の名称
バクテリオクロロフィルbの大量産生方法及び産生菌
特許情報1 出願人
学校法人 久留米大学
特許情報1 発明者
塚谷祐介 民秋均 原田二朗 藤田祐一 野亦次郎
特許情報1 出願日
2015/02/19
特許情報1 出願番号
特願2016-504149
特許情報2 発明の名称
緑色硫黄細菌変異株及びそれを用いたバクテリオクロロフィルc同族体の製造方法
特許情報2 出願人
学校法人 久留米大学
特許情報2 発明者
原田二朗 野口正人 民秋均
特許情報2 出願日
2012/11/28
特許情報2 出願番号
特願2012-260321
特許情報3 発明の名称
緑色硫黄細菌変異体およびバクテリオクロロフィル
特許情報3 出願人
学校法人 久留米大学
特許情報3 発明者
原田二朗 野口正人 民秋均
特許情報3 出願日
2013/02/12
特許情報3 出願番号
特願2013-558699

お問い合わせ先

久留米大学産学官連携推進室

電話:0942-31-7916   FAX:0942-31-7918  

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop