イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 関西大学 総合情報学部 総合情報学科

関西大学 総合情報学部 総合情報学科

林 勲 教授

ソフトコンピューティングによる動画像からの動き抽出・スキル獲得支援システム

ライフサイエンス
小間 L-43

Kansai University Professor Isao Hayashi

Support System of Motion Extraction and Skill Acquisition from Video Image by Soft Computing

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-43

共同研究者

関西大学 総合情報学部
教授 荻野 正樹

Wheatsone Techonologies LLC
Researcher Jasmin Leveille

展示概要

技術概要
工場作業者の状況最適化,リハビリテーション患者の症状把握,家庭内の人物の移動傾向,スポーツ選手の動作解析など,画像処理技術とソフトコンピューティングを用いて,物体移動の時系列データから動きをクラス別に可視化・分類し動作傾向をスキルとして獲得する.具体的には,iPhone等で撮影したビデオ映像から人の定期的かつ常用的な動作のみを抽出し,ファジィクラスタリングで動きを数種類のクラスに分類して,動作のくせやスキルをルール表現で抽出する.その結果,さらなるスキルの向上に役立てる.

想定される活用例
・工場での作業者の作業状況最適化と技能レベルの定量的可視化
・リハビリテーション患者の症状把握と治療進捗度合いの把握
・スポーツ選手の動作解析
・技能別スキルの獲得

 

展示のみどころ
スポーツビデオ映像やiPhoneカメラ等で撮影した映像から人物とボールを確定しPC上で可視化するデモを展示する.また,測定された観測データからファジィ推論によるファジィクラスタリングによって動きスキルを抽出する過程もデモ展示する.さらに,今後の応用事例ついていくつかのアイディアも紹介する.

 

動作データからのスキル獲得法とそのレベル評価

ファジィ推論とファジィクラスタリングのPythonプログラム実装

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop